映像編集のレンダリングを高速にするハイスペックPC

デザイナー必見!Adobe CS6動作確認済みモデル!

映像編集や画像編集をするならハイスペックなパソコンのほうが効率的に作業できます。3Dモデリングソフトなら動作自体が快適になりますし、映像編集ソフトのレンダリングが数倍高速になったりします。

 

「WEBデザイナーならフォトショップ程度しか触らないから、ハイスペックPCなんて必要ない」なんて思っていませんか?それは大きな勘違いです。最新のGPUアクセレーション機能を搭載しているか否かで圧倒的な差が出るのです。

 

だからパーツ選び、特にグラフィックボード選びは慎重になるべきです。オンラインゲームと映像編集とでは求められる性能が異なります。おすすめはAdobe製品のパフォーマンスを極限まで発揮してくれるハイスペックPCです。

 

マウスコンピューターがおすすめ!

マウスコンピューターは世界的に有名なパソコンメーカーですね。公式サイトではBTOメーカーとして様々なパソコンを販売しています。どれもコスパが良くて驚きますね。

 

注目したいのはAdobe CS6動作確認済みモデルです。写真加工、イラスト作成、DTP、ウェブデザイン、映像編集などに特化したハイスペックモデルが用意されています。Quadro 2000D、Quadro 4000搭載モデルですから信頼性抜群ですね。

 

しかも実際にAdobe CS6動作確認済みモデルでソフトを使用した場合に、どれほどの違いが出るのか動画でわかりやすく解説してくれています。導入事例も一緒にチェックしておきましょう。

 

デスクトップだけでなくノートPCも用意されているのはありがたいですね。ただ、やはりデスクトップのほうが高性能ですし、大きな画面で作業できるので、Quadro 4000搭載のデスクトップをおすすめします。

 

Adobe CS6動作確認済みモデルの詳細はこちら

 

マウスコンピューター/G-Tune